doriko新曲
同時也是ミニアルバム『finale』的収録曲
這張專輯是這是概念系列最後一張
幾乎都是在訴說分別與啟程
而過ぎし3月の君へ正好作為這張專輯的第一首
三月在日本是畢業的季節
即使VOCALOID有很多畢業名曲,還是最喜歡dorikoさん的曲子中這種堅定的溫暖


這幾年聽下來dorikoさん曲子的完成度提升很多
即使是王道曲也扣人心弦
非常喜歡這種給人力量、湧出溫暖的曲風
好想聽vocal off的版本啊!
要說到最適合春曲的ボカロP,他的名字就會馬上出現在我腦海中(冬曲也很適合)
整體都好美,ミク的歌聲中柔軟卻堅定
歌詞也非常美,總是融化在dorikoさん的詩中
想訴說的只有一件事,雖然直白卻也慢慢地滲透到心中
果然還是喜歡這樣純粹的曲子


願うはただひとつ
君は君であり
どんなに変わろうと
好きでいて欲しい


其中很喜歡這段歌詞
不管是不是畢業生都很有感觸
雖然看似畢業曲但我覺得反而是社會新鮮人會更有共感
即使迷惘也無法不向前
只能記著莫忘初心。
在以前都會覺得春天就是春意盎然,充滿希望與新開始的季節
但現在反而是會覺得春天就是不得不面對、不得不改變、不得不向前
沒有讓你迷惘的時間
若是一躊躇花便會凋謝(負面王)
正也是因為思想越來越混濁才會被這種歌給救贖。


這次繪師又換回nezukiさん
果然還是喜歡他跟nezukiさん的合作(*´▽`*)
另外也好期待專輯試聽!




作詞:doriko
作曲:doriko
編曲:doriko
唄:初音ミク


朧げな季節に菫が揺れてる
少し早すぎると君は言うか


残り雪はただ溶けて消えてゆく
終わりない気がした歳月は遠ざかる


彩れ花吹雪 君よ美しく
霞の向こうから手向けを送ろう
そこから見えるのは
悲しみ 喜び
答えはいつまでも
今もまだ無いまま


望んだ言葉と学んだ言葉の
間で泣いていた君を知っている


さよなら 好きでした けど嫌いでした
逃げ場所がないほど君はそこにいた
これから 出会うもの 離れてゆくもの
忘れたいものだけは置いて行けばいいから


願うはただひとつ
君は君であり
どんなに変わろうと
好きでいて欲しい


彩れ花吹雪 迷いと散りゆけ
君の選ぶことに 間違いなど無い
過ぎさる3月の中を歩く君へ
そして同じ春に立ち止まる私へ
創作者介紹

頹葬.

阿ㄈ 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()